« 日本独自の検索エンジンはなぜ必要なの? | トップページ | 総務省;全世帯ブロードバンド化 »

フジテレビ+リクルート⇒ワンセグnavi

フジテレビとリクルートは、地上デジタル放送ワンセグの視聴者に、グルメや旅行など生活に役立つ多彩な情報を届けるサービスワンセグnaviを共同開発する。

ワンセグnaviの特徴は、番組が流れている時間帯にその番組に関連したキーワードワンセグ視聴者に提供する点で、視聴者はその場で、キーワードを入り口に、便利な生活情報にたどり着ける。

例えば、ワンセグ上半分の画面で朝番組の目玉企画デザート特集を視聴している人が、下半分にあるデータ放送画面のメニューワンセグnaviをクリックし、通信経由で携帯サイトワンセグnaviのトップ画面に飛ぶと、番組に関連したキーワード表示されるので、例えばプリンをクリックすると現在地から近いプリンを食べられる店を紹介してくれる。

ワンセグ視聴者をキーワード経由で生活情報に誘導する事業モデルを構築することで、ワンセグ関連のビジネスチャンスを広げたい考えだ。

|

« 日本独自の検索エンジンはなぜ必要なの? | トップページ | 総務省;全世帯ブロードバンド化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10709409

この記事へのトラックバック一覧です: フジテレビ+リクルート⇒ワンセグnavi:

» フジテレビとリクルート、ネット×携帯の「ワンセグnavi」でプラットフォーム確立を目指す [通販旬報ニュース]
 フジテレビジョン(村上光一社長)とリクルート(柏木斉社長兼CEO)は、ワンセグデータ放送サービスを活用した情報提供プラットフォームおよびそのサービスの一つとして「ワンセグnavi」を共同開発することに合意した。今夏フジテレビの系列局の関西テレビ、東海テレビとともに、ワンセグデータ放送を利用したサービスの実証実験を行う予定。実証実験の結果をもとに、10月を目標に両社で合弁会社を立ち上げる計画。  「ワンセグnavi」はテレビの情報とネット上の情報をつなげるもの。番組の広報情報やEPG(電子番組表)... [続きを読む]

受信: 2006/07/04 08:56

« 日本独自の検索エンジンはなぜ必要なの? | トップページ | 総務省;全世帯ブロードバンド化 »