« マイクロソフト対グーグル⇒宿命の対決 | トップページ | IM用に最適のWebカメラLifeCam »

6月の月例パッチをリリース-脆弱性に対応

MSがソフトウェアに存在する21件の脆弱性に対するパッチをリリースした。              19件が、標的となったコンピュータ上で悪質なコードを実行するために、侵入者に悪用されるおそれがあるという。

MSは米国時間13日、月例パッチリリースの一環として、10件以上のセキュリティ情報を発表した。                                                                                                    このうち8件は、MSの危険度評価基準では最も深刻な緊急レベルに設定されている。    修復の対象となったのは、Windows、Internet Explorer、Word、PowerPoint、Exchange Serverである。

MSがこれほど多くの脆弱性に対するパッチをリリースしたことはかつてなかったと、セキュリティ専門家らは指摘する。

|

« マイクロソフト対グーグル⇒宿命の対決 | トップページ | IM用に最適のWebカメラLifeCam »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10520008

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の月例パッチをリリース-脆弱性に対応:

« マイクロソフト対グーグル⇒宿命の対決 | トップページ | IM用に最適のWebカメラLifeCam »