« フォトレポート:W杯にかける新技術 | トップページ | ライブドア、インボイスにダイナシティ売却へ »

アマゾンが受e託販売でロングテール拡大

アマゾンは12日、東京・渋谷で会見を開き、中小出版社やソフト会社の商品を預かり販売するe託販売サービスを開始したと発表した。

一般の流通網に乗らないような中小出版社やインディーズ(独立系)音楽レーベルの作品を1、2点から受託販売することにより、取り扱いカタログ数を増やす。

新サービスはアマゾンのウェブサイトで登録をし、年間9000円の利用料を支払うことで利用できる。アマゾンは商品を登録した利用者に対し必要な在庫数量を通知し、物流センターで在庫として保管する。

購入者からの注文受付や発送、カスタマーサービスはアマゾンが行う。委託期間の期限は特にないが、商品をどのくらい在庫として持つかはアマゾンが指定し、販売代金の40%のマージンを得る。

|

« フォトレポート:W杯にかける新技術 | トップページ | ライブドア、インボイスにダイナシティ売却へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10503180

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾンが受e託販売でロングテール拡大:

» 「ロングテールを拡大する」--アマゾン、委託販売を開始:CNET Japan [一日一よい言葉]
お久しぶりです。(#⌒∇⌒#)ゞ なかなか、時間が取れなくて、更新が・・・ ということで、本日からまた気合を入れてがんばります!!゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o ロングテールの話題ということで・・・CNET Japanの記事より -----------------------------------------... [続きを読む]

受信: 2006/06/13 12:19

« フォトレポート:W杯にかける新技術 | トップページ | ライブドア、インボイスにダイナシティ売却へ »