« MSがTechEd開催⇒Liveの支持獲得へ | トップページ | ウィニー利用者を特定←分析ソフト »

書籍デジタル化:MSvsグーグル

書籍のスキャンについて、カリフォルニア大学トロント大学がMSと合意した。両校の図書館は保管している著作権切れの書籍をMSに貸し出すことで合意。

MSが米国時間9日に出した声明によると、MSはOpen Content Allianceと共同で素材を読み込み、Windows Live Book Searchで利用できるようインデックス化するという。

Google Book Searchや、Amazon.comのLook Inside機能と同じように、Windows Live Book Search書籍の全文検索が可能な設計になっている。ただし、MSのプロジェクトはGoogle Book Searchとは多少異なる。

Googleは書籍を読み込んで全文をデジタルライブラリ化するという当初のプロジェクト発足時、ハーバードオックスフォード、およびスタンフォードの各大学のほか、ミシガン州立大学ニューヨーク公立図書館の支援を集めた。

しかし、出版社や作家らは著作権の侵害を主張してきた。

MSは2005年、Googleの訴訟関連ニュースが流れるさなか、ここまで大きな問題にならない書籍プロジェクトを開始することを明らかにした。同社は素材提供元として、まずOpen Content Alliance、その後英国図書館も獲得した。

|

« MSがTechEd開催⇒Liveの支持獲得へ | トップページ | ウィニー利用者を特定←分析ソフト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10494101

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍デジタル化:MSvsグーグル:

« MSがTechEd開催⇒Liveの支持獲得へ | トップページ | ウィニー利用者を特定←分析ソフト »