« サイバーエージェント等が新型ネット広告 | トップページ | ナップスターNapsterが日本でサービス »

広告メールを送信した会社員逮捕

千葉県警生活経済課は25日、他人名義のメールアドレスを使い出会い系サイトのメールを約300万通送信広告した会社員を、特定電子メール法違反の容疑で逮捕した。

会社員は2005年11月14日から同月28日にかけて、他人名義のメールアドレスで6回にわたり、出会い系サイトの広告メールを不特定多数に合計約300万通送信していたという。 

特定電子メール法は、広告・宣伝目的などで大量に送信されるメールに対して一定のルールを設けることを目的として、2002年7月に施行された法律。

特定電子メール法は2005年11月に改正され、広告メール送信時に送信者情報を偽ることなどを禁止している。

‥ ‥ ‥ ⇒最新人気blogランキング  クリック御礼♪ ‥ ‥ ‥

|

« サイバーエージェント等が新型ネット広告 | トップページ | ナップスターNapsterが日本でサービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10291890

この記事へのトラックバック一覧です: 広告メールを送信した会社員逮捕 :

« サイバーエージェント等が新型ネット広告 | トップページ | ナップスターNapsterが日本でサービス »