« 対ブロガー裁判でアップル社が敗北 | トップページ | 広告メールを送信した会社員逮捕 »

サイバーエージェント等が新型ネット広告

サイバーエージェントやヤフーなどネット各社が相次いで、利用者のインターネット上での行動を基に、関心を持ちそうな情報を提供する新しい広告手法を採り入れる。

長期間にわたって入力した検索語や見たサイトを記録・分析して、消費者の好みを把握する。広告単価の引き上げを狙うが、利用者は監視されているようだと感じる可能性もあり、本格普及には課題がありそうだ。

ヤフーは7月から、新型広告行動ターゲティング広告を導入する。利用者がヤフーのサイト上で検索した言葉や、閲覧した内容を28日分、パソコンの記録から読み取ってその人の関心を把握する。

|

« 対ブロガー裁判でアップル社が敗北 | トップページ | 広告メールを送信した会社員逮捕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10290674

この記事へのトラックバック一覧です: サイバーエージェント等が新型ネット広告:

« 対ブロガー裁判でアップル社が敗北 | トップページ | 広告メールを送信した会社員逮捕 »