« グーグルが動画・ビデオ広告を配信 | トップページ | 防衛庁のなりすましメール、中国人が? »

ホンダ脳内指令でアシモ・ASIMO操作

脳の動きが無線によって伝わり、二足歩行ロボットASIMOアシモが自分の分身のように動く。ホンダは、こんな夢のあるロボットのコントロール技術を5~10年後に実用化する計画を発表した。

Asimo_running_2_thumb近未来のASIMOアシモを支えるのが、脳の活動を解読してロボットに人と同じ動作をさせる世界初の技術。解読結果を手型のロボットに送信して、約7秒後に同じ動作をさせることに成功。

人がチョキを出せば手型ロボットもまねをし、正答率は85%だった。今後の課題は7秒という時間差を短縮するのに加え、脳波などを活用することで応用領域を広げる点だという。

ホンダでは、介護市場向けなどを想定して、将来的には、ある動作をしようとするときの脳波などを解読して、人が動かなくてもロボットを自在に操作できるようにしたい考えだ。


|

« グーグルが動画・ビデオ広告を配信 | トップページ | 防衛庁のなりすましメール、中国人が? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/10232383

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ脳内指令でアシモ・ASIMO操作 :

« グーグルが動画・ビデオ広告を配信 | トップページ | 防衛庁のなりすましメール、中国人が? »