« 日立マクセル パソコンを燃料電池で | トップページ | インターネット閲覧での解雇は不当か »

2006/04/25

電子タグもウイルス感染、被害防止へ

総務省は電子タグ荷札を通じたコンピューターウイルス感染への対策を企業や利用者に呼びかける。

電子タグは記憶容量が小さいためウイルスと無縁とされてきたが、最新の研究結果でIdoutai4721 感染の可能性があることが明らかになったためだ。電子タグを利用する企業のシステム全体に被害が及ぶおそれもあるため、安全対策の再点検を促す。

電子タグは製造・物流管理を効率化する狙いから企業による導入が広がっている。オランダの研究者が3月中旬に電子タグウイルスに感染させる方法を発見したと発表。

民間メーカーや同省が参加する研究会による検証でも、電子タグウイルスの新たな感染経路となる可能性があるとの結果が出た。

|

« 日立マクセル パソコンを燃料電池で | トップページ | インターネット閲覧での解雇は不当か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子タグもウイルス感染、被害防止へ:

» 「電子タグもウイルス感染」、被害防止を要請 [ネット社会:今日の動き]
店頭や物流などの現場でその活用方法について様々な試みが行われている電子タグですが、この電子タグにコンピュータウイルスの被害が及ぶ恐れがあるそうです。 「電子タグよおまえもか」とやるせなく感じますが、ビジネスの現場では画期的な効率性や利便性をもたらすことが..... [続きを読む]

受信: 2006/04/25 20:05

« 日立マクセル パソコンを燃料電池で | トップページ | インターネット閲覧での解雇は不当か »