« ネット社会と薬物乱用 | トップページ | Web2.0 広がる参加型ネット »

ソニーがACCESSに技術供与

ソニーはテレビ番組をインターネットを通じて携帯電話などに転送する技術を、ソフト開発会社のACCESSに供与すると発表した。

現在、この技術を使ってパソコンなどで番組を見られるが、携帯電話用ソフトに強いACCESSと組んでケータイで実用化、転送機器の拡販を狙う。地上デジタル放送ワンセグに対抗する。                                          

ソニーACCESSに技術供与するのはロケーションフリーと呼ぶ独自技術。391605sony 自宅のアンテナで受信した番組を専用機器でネットに転送。

これを対応端末で視聴できるようにする。ネット接続さえできれば海外など場所を問わず、自宅で見ている番組を楽しむことができる。                                                                                               

            ロケーションフリーはこちらです⇒

|

« ネット社会と薬物乱用 | トップページ | Web2.0 広がる参加型ネット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/9399896

この記事へのトラックバック一覧です: ソニーがACCESSに技術供与:

» 【ケータイ】ワンセグ、スタート。/新聞定期購読するなら… [新聞を定期購読するくらいなら、コレを読め!、『本日のニュース』。]
モバイル端末で地上デジタル放送が視聴できるサービス、『ワンセグ』が4/1よりスタートした。 地上デジタル放送用に設けられた13本の電波。そのうち1本をモバイル端末向けに割り当てたモノ。もともと、災害時の放送用として想定していた電波を、『せっかくだから』というこ..... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 02:47

« ネット社会と薬物乱用 | トップページ | Web2.0 広がる参加型ネット »