« 法務省 出入国履歴をネット閲覧 自動化ゲート | トップページ | クリック詐欺訴訟 グーグルが負担 »

NGOとアフィリエイト

国内の非政府組織NGOが、募金集めの手段としてアフィリエイト広告と呼ばれるインターネット広告に注目している。

支援者らのブログにアフィリエイト広告を載せ、募金額に応じて広告料を支払う仕組み。少額の費用ですむうえ、ホームページの閲覧件数が増え、活動内容の周知にも役立っているという。

災害や貧困に苦しむ世界の子供たちを支援するNGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン昨年10月からこれまでに約2千サイトにアフィリエイト広告を掲載したところ、ホームページの閲覧件数は3倍以上に急増、募金の件数、額とも10数%伸びたという。

 日本経済新聞 2006/3/7 夕刊 

|

« 法務省 出入国履歴をネット閲覧 自動化ゲート | トップページ | クリック詐欺訴訟 グーグルが負担 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/9009286

この記事へのトラックバック一覧です: NGOとアフィリエイト:

» 今日のニュース [共通テーマ]
今日のニュースについて思ったことを何でも。書いてください。 [続きを読む]

受信: 2006/03/09 01:19

« 法務省 出入国履歴をネット閲覧 自動化ゲート | トップページ | クリック詐欺訴訟 グーグルが負担 »