« ポータルサイト ファッション専門を開設 | トップページ | 航空トラブル ネット等で情報を共有 »

ネット選挙解禁?

公職選挙法、違憲判決で改革へ                                 最高裁が在外邦人の選挙権行使を制限する公職選挙法違憲判決を下した。            投票率が上った衆院選でも、有権者の視点から選挙のあり方に様々な課題が浮上。                                                 公選法は抜本改革を迫られている。                                                                     ネット選挙の解禁などが議論の突破口になりそう。                           通信手段が地球規模で目覚しい発達を遂げている。                                               在外国民への候補者情報の伝達が著しく困難とはいえなくなっている。                             →在外投票を衆参両院の比例代表選挙に限るべきべきでないと断じた判決である。

日本経済新聞  05/9/21 夕刊人気blogランキング感謝・感激

|

« ポータルサイト ファッション専門を開設 | トップページ | 航空トラブル ネット等で情報を共有 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/6051358

この記事へのトラックバック一覧です: ネット選挙解禁?:

» ブログを制する者が政治を制す [びんごばんごBlog]
 有権者3千人の投票行動に影響を及ぼすブロガーが3千人いれば、その動員力は900万人にのぼる。これは創価学会に匹敵する集票力だ。総務省の調べでは現在、ブログ登録者は473万人いる(2005年9月末)。  11月1日、自民党がネット選挙運動解禁を目的とする公職選挙法改正に向けて動き出した。党の選挙制度調査会にネット選挙に関するワーキングチームを設置し、来年の通常国会への法案提出を目指す。 世耕日記 2005年11月1日  朝、選挙制度調査会のインターネットを使った選挙運動ワーキングチ... [続きを読む]

受信: 2005/11/05 19:32

« ポータルサイト ファッション専門を開設 | トップページ | 航空トラブル ネット等で情報を共有 »