« ITの妙手で局面打開 将棋・囲碁 | トップページ | ネット時代に究極の暗号 »

ロード・オブ・ウォー シンデレラマン スタンダップ

シャーリーズ・セロン邦題のスタンダップ(原題:North Country)は、アジテーションとしての「立ち上がれ!」ではないのだろう。

労働者と経営陣との対立構図において、女性ゆえにひどい差別を受けたりセクハラまがいの辱めを受けたりして、余儀なく立ち上がったジョージー/シャーリーズ・セロンと、同じ女性ながらどうしても「立ち上がる」ことの出来ない人々が、それでも共に戦うときが訪れるのを待つ、祈りのような言葉なのだ。

そして、思わぬときに、孤立無援のジョージーに最初の援軍が現れる。

その思いがけない援軍が「スタンダップ」した瞬間から、この映画はドラスティックに動いていく。

Photo_2昨夕、ニコラス・ケイジ死の商人を演じるロード・オブ・ウォー=Lord Of Warの試写会に出かけた。史上最強の武器商人と呼ばれた男の半生記だ。

彼は、南米や中東・アフリカなどの紛争地に姿を見せては、敵・味方の区別なく武器を売りつけ、「これが我々の国際主義」とうそぶき、巨万の富を手にする。

だが、リベリアでの密売交渉中に、近くで難民たちが虐殺されている光景を目の当たりにしたは発狂した末に殺され、自分たち家族の贅沢三昧の生活が血塗られた武器密売の上に成り立っている事実を知ったは、まだ幼い息子の手を引いて家を出る。

映画の終幕に印象的な文言が

史上最強の武器商人が1年半かけて死に物狂いで売りつけた武器を、彼を追い詰めた捜査官のボス/米国大統領はたった1日で捌いている。
国連の常任理事国は大なり小なり同じようなことをやっている。                 

☆現今の世界情勢を政治や経済、文化・宗教といった表からではなく、武器の密売という裏から切り取った大作だ。                                      

アンドリュー・ニコル監督によると、この映画は米国資本抜きで制作し、「政治のタブーや暗黒面に迫ることができた」。

                                                                              cinderella_man_ver2 

シンデレラマンの試写会に出かけた。
稀にみる素晴らしい映画で、深々とした感動を覚える。
今なお、余韻さめやらぬ思い。

時代背景は、1930年代のアメリカ東部。
往時のマジソン・スクウェア・ガーデンが出てくる。
大恐慌下の暗い世相、庶民はあす食べるパンにすら事欠く窮状。

元ボクサーのジム・ブラドック/ラッセル・クローは、妻/レネー・ゼルウィガーと3人の子供たちを守るため、日雇いの職を得ようと港湾に行くが、仕事にあぶれ空しく家に帰る日が少なくない。

そして、激しく雪の降りしきる凍てつくような日、電気を止められる。
    
家族を守るために、希望を捨てないで自分に出来ることを一生懸命続けていたら奇跡が起きたという、実話に基づいた「おとぎ話」だ。

ラッセル・クローといえば、グラディエータービューティフルマインドも長く心に残る作品である。

監督は『ビューティフルマインド』の名匠 ロン・ハワード

|

« ITの妙手で局面打開 将棋・囲碁 | トップページ | ネット時代に究極の暗号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/5780912

この記事へのトラックバック一覧です: ロード・オブ・ウォー シンデレラマン スタンダップ:

» 映画 vol.18 『シンデレラ・マン』*試写会 [Cold in Summer]
 『シンデレラマン』*試写会  出演:ラッセル・クロウ レニー・ゼルヴィガー 公式サイト (05.09.07)『シンデレラマン』の試写会へ行ってきます。 ◇ストーリー ボクサーとして輝かしい戦績をもつジム(ラッセル・クロウ)だが、全盛期を過ぎ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/08 11:38

» シンデレラマン [eclipse的な独り言]
 この地方の劇場のチケット売り場に長蛇の列!さすがは「シンデレラマン」と思った [続きを読む]

受信: 2005/09/19 19:04

» 【DIARY】---「シンデレラマン」 [お洒落で美味しいぶろぐ]
仕事帰りに、ラッセル・クロウ主演の 『シンデレラマン』を見てきました! 公開間近だからなのか レイトショーだというのに、結構な混み具合。 ストーリー的には、予測できる内容ですが 大好きなラッセル・クロウが出演しているので 思わず見入ってしまいました。 ...... [続きを読む]

受信: 2005/09/23 10:58

» シンデレラマン [Akira's VOICE]
ボディブローのような感動はあるけれど,ガツンとくるものは無い。 [続きを読む]

受信: 2005/09/26 10:46

» 『シンデレラマン』を観て来ました! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
2005年9月25日 シンデレラマン Cinderella Man 実在した伝説のボクサー かつて、“シンデレラマン”と 呼ばれた男がいた 2005年9月17日(土)より全国ロードショー 2005年6月3日全米公開 2005年/アメリカ ——心で語り継がれる《奇跡の実話》—— 配給 ブエナビスタ・インターナショナル(ジャパン)  ★スタッフ★ 監督:ロン・ハワード 脚本:クリフ・ホリングワース アキヴァ・ゴールズマン ス... [続きを読む]

受信: 2005/09/26 18:23

» 『シンデレラマン』 [honu☆のつぶやき]
『シンデレラマン』 製作:2005年米 監督 ロン・ハワード  出演:ラッセル・クロウ/レネー・ゼルウィガー/ポール・ジアマッティ かつては前途有望なボクサーとして活躍していたジム・ブラドックが、1929年、右手の故障がきっかけで勝利に見放され、引退を余儀....... [続きを読む]

受信: 2005/10/01 08:35

» シンデレラマン−映画を見たで(今年120本目)− [デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)]
監督:ロン・ハワード 出演:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、ポール・ジアマッティ、クレイグ・ビアーコ 評価:87点(100点満点) テレビで井筒監督が「ひさびさにいい」なんて宣伝してたもんだから期待して見たが、これならパッチギのほう...... [続きを読む]

受信: 2005/10/02 23:18

» 「シンデレラマン」ラッセル・クロウの本気 [soramove]
「シンデレラマン」★★★★ ラッセル・クロウ、レニー・ゼルウィガー主演 アメリカが体験した 大恐慌時代。 財産の全てを失い、失業率が高く 食べられない現実に市民が うつむいて過ごしていた頃、 夢を掴んだ男がいた。 この飽食の時代に 物が食べられない...... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 07:36

» シンデレラマン [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
鑑賞した日 : 9月17日土曜日 鑑賞した劇場 : ピカデリー名古屋(9:20〜)   好きなレニー・ゼルウィガーと苦手なラッセル・クロウの共演。 ラッセル・クロウは好きではありません。 彼の出演作で好きなものもありますが、どうもこう響かないんですよね。  ...... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 12:12

» 『シンデレラマン』 [シネマdeひとりごと。]
原題:CINDERELLA MAN 監督:ロン・ハワード ストーリー [続きを読む]

受信: 2005/10/04 00:34

» シンデレラマン [Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』]
シンデレラマン http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ ★★★☆☆ 映画 感動ストーリー ボクシング ラッセルクロウ主演。どん底の生活から一夜にして栄光をつかった伝説のボクサーの話。 ... [続きを読む]

受信: 2005/10/13 02:51

» シンデレラマン [Webデザイナーが使うWebデザインのネタ帳『Key Person Q』]
シンデレラマン http://www.movies.co.jp/cinderellaman/ ★★★☆☆ 映画 感動ストーリー ボクシング ラッセルクロウ主演。どん底の生活から一夜にして栄光をつかった伝説のボクサーの話。 ... [続きを読む]

受信: 2005/10/13 02:52

» シンデレラマン [金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等]
★本日の金言豆★ 大恐慌:1929〜33年のあいだ世界中の資本主義諸国を襲った史上最大規模の世界恐慌。1929年10月24日(木曜日)のニューヨーク、ウォール街の株式市場の大暴落(「暗黒の木曜日(ブラック・サースデイ)」)に端を発し、全資本主義諸国に波及。... [続きを読む]

受信: 2005/10/14 14:36

» ロード・オブ・ウォー [amapola]
(2005米/アンドリュー・ニコル/試写会/★4)  ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、アメリカに渡ったユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、弟のヴィタリー(ジャレッド・レトー)と2人で武器売買の事業を始める。天性の才能を発揮し、世界有数の武器商人へと....... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 18:12

» 「ロード・オブ・ウォー」ニコラス・ケイジの新作 [soramove]
「ロード・オブ・ウォー」★★★ ニコラス・ケイジ主演 最初は古い銃を 売りさばく せこい売人だった主人公。 だんだんとコネクションを広げ、 でかい商売で莫大な利益を上げていく。 もちろんその一方で その武器で人が死んでいく描写もある。 その頃、...... [続きを読む]

受信: 2005/12/27 08:51

« ITの妙手で局面打開 将棋・囲碁 | トップページ | ネット時代に究極の暗号 »