« 夏休みの宿題お助けサイト | トップページ | 文字情報→動画ニュースに変換 »

ITは選挙にどこまで活用できるか

IT選挙は制約が多い                                                  ITに不慣れな永田町の論理が法改正を見送ってきたためである。                                                             公示前‥通常の政治活動の一環として利用可能                                      公示後‥立候補者・政党のHPは更新原則禁止。                                                       政党は、ポータルサイトなどへの広告掲載可能。                                  インターネット上の電子掲示板にあたるブログやホームページは、頒布や掲示が禁止されている「文書図画」にあたるためだ。                                                                                                                                                                    候補者・選対責任者はもちろん、選挙運動に関係のない個人であっても特定候補への投票呼びかけは禁止。                                                 電子メールや掲示板で友人に投票を呼びかけた場合でも、「2年以下の禁固、もしくは50万円以下の罰金」。                                                                           ただ、匿名性の高いインターネットの性質上、「実際に取り締まることは難しい」(総務省)との面もある。          ○                                                ネットなら若者にも選挙に関心を持ってもらえるのに、法律は時代遅れ」との不満の声も少なくない。                             ○                                                                               電話はかけ放題。   

            日本経済新聞 05/8/31夕刊  ⇒人気blogランキング♪♪

|

« 夏休みの宿題お助けサイト | トップページ | 文字情報→動画ニュースに変換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29302/5723950

この記事へのトラックバック一覧です: ITは選挙にどこまで活用できるか:

« 夏休みの宿題お助けサイト | トップページ | 文字情報→動画ニュースに変換 »